名言大学

#人間

人間の運命の大きな改善は、
考え方を根本的に変えない限り、
絶対に不可能である

人間ほど世のあぶなき事をかまわぬものなし

人間は誰でも、
他人の不幸を見過ごせない同情心がある。

人間は得てして、
めぐまれた環境にあっても、
与えられた仕事をつまらないと思い、
不平不満を口にします。
しかし、
それで運命が好転するわけではありません。......

人間、
ダラダラすることも非常に重要

よく出来たコメディーは、
人生経験をたっぷりと積んだ人間からしか生まれない。

どんなことにも笑う人間は、
どんなことにも泣く人間と同じく阿呆である。

芸術は「通俗」であってはならぬが、
しかほど「俗悪」であっても良い。
人間自体が俗悪なものだから

ある人の欲求と感情が他人より強く多様だというのは、
その人が人間性の素材を豊富にもっているということである。
衝動が強いとは、
活力があるということの言い換えに過ぎない

ジョン・スチュアート・ミル

習慣という専制王国では、
人間進歩の永続的な障害が見られる。

お金にまつわることや、
まぁよくいる利権として群がる輩たち。
具体的には話さないが、
騙された。
あの時期、
裏切られたこと、......

人間だから一度の過ちは仕方がないことです。
一回の悪手に動揺しても、
そこで辛抱して冷静さを取り戻せるかどうかがその人の運命を左右します

幸福は求めない方がいい。
求めない眼に、
求めない心に、
求めない体に、
求めない日々に、
人間の幸福はあるようだ

人間の価値はその友を見れば分かる

組織を活かすのは人間だ。
機械でもなければ工場でもない

人間が存在する唯一の目的は、
単に生きることの暗闇に火をつけることである。

高校生の時に読んだ太宰治の『人間失格』は、
ひとことで言うと“衝撃でしたね。
「世の中を生きていくには、
そんなにちゃんとしてなくてもいいんだ」という衝撃を受けて・・

人間にはどうしてもなくてはならないものを必ず獲得するという、
驚くべき才能がある。
しかし「なくてはならないもの」と「欲しいもの」とでは、
事情が違ってしまう

勉強というのは、
人間、
一生やっていくものだ。
その一生が長くても短くてもだ。

人間にとって最高の幸福は、
一年の終わりにおける自己を、
その一年の始めにおける自己よりも、
遥かに良くなったと感ずることである

今日まで、
自分が昔、
想像した以上のキャリアを積んできた今の俺は、
これからどのように満足してボクシング界を去っていこうかという側の人間です

ブランド力を向上させるには、
会社を構成する社員一人一人の質を高めなければなりません。
通信販売は、
消費者と直接顔を合わせるわけではありません。
テレビやラジオ、
チラシなどを通して販売する商品を説明し、......

自分の物差しばかりでものを云っちゃいかんということだ。
世の中には、
人の為に働かないで、
文句ばかり言う横着な人間が少なくない。
こういうのはダメだ。
使いものにならない

別れるというものがどんなに大切なものであるか。
人間というのは、
「別れということほど悲しいことはない」というけれども、
別れがなければ人生は深まらない、
と思っています

世界のどこかで、
誰かが蒙っている不正を、
心の底から深く悲しむことのできる人間になりなさい。
それこそが革命家としての、
一番美しい資質なのだから

大多数の人間が失敗するのは、
失敗した計画に勝る、
新しい計画を立てるだけの、
粘り強さに欠けるからである

俺達は大脳で発情する。
精液が溜まって勃起するわけではない。
裸の女が股を開いているところを思い描いて勃起するのだ。
本当は人間には何の欲望もない。
対象があるために欲望が発生するだけだ

人間は自然に服従することによって、
自然を支配することができる。

人間の力は必要に迫られてこそ十分に発揮される。
従って退路を断つなど、
部下たちがやむを得ず戦わなければならないように仕向・・

(監督業について)この10年、
紛争地帯やかつて紛争のあった土地を旅してきて、
そこで暮らす人たちが実際そういう状況下で生活している間に何が起こったのか、
彼らの人間的な生活がどのように剥ぎ取られていったのか考えるようになったの…それがどんなものなのか、
そしてどのようにして隣人だった人たちが敵同士に変わってしまうものか考察したいと思ったの

次の二つは絶対に軽視してはならない。
第一は、
寛容と忍耐をもってしては、
人間の敵意は決して溶解しない。
第二は、
報酬と経済・・

1人の人間である前に1人の芸人でありたい

人間の仕事というものは、
それが文学であれ、
音楽であれ、
絵であれ、
建築であれ、
そのほかなんであれ、......

(少数民族は)人間が本来あるべき姿をそのまま残しているかのような心の清らかさを持ち合わせています

前向きな言葉に圧迫される人間がいるということを、
前向きな人たちはほとんどまったく理解しない。

人間、
『寝るところ』と『ごはん』があれば、
何とか生きていくことができる。
どんなに困っても、
この二つだけは確保しておけよ、
と私は若い友人たちに冗談半分で言うことがある

悪口を言われて我が身を正すことの出来る人間は幸せと言うべきだ

人間は臆病な動物です。
頭では耐え抜いてやらなければとわかっていても、
負けると思うと動けない。
どれだけ言葉を尽くして論理を説いても、
リーダー自身がリスクを取って行動しなければ、
部下は動きません。......

努力をすれば必ずその分報われるといった幻想を持ちすぎてはいけません。
厳しい言葉かもしれませんが、
それが事実であることは歴史が証明しています。
いつの時代も人間の努力の99%は徒労に終わってきました。
しかし、
努力をやめなければ、......

あなたが存在しているのにはわけがあるのだ。
あなたの存在目的は、
人間として可能な限りの力を発揮し、
人類に貢献することにあ・・

俺は選ばれた人間だと思っていますけど、
そういうふうに思い込めるのは、
確かに才能かもしれません

自分の人生の中でやっぱり一番リスペクトできる人間と組んで仕事するべきだし、
そうじゃないんだったら一人でいいと思うね

囚人とは罪を犯した者ではなくて、
自分の罪にこだわり、
それを何度も繰り返して生きている人間のことだ。

誰でも冗談を言う人間を好むが、
金を貸す人はいない

人間は死なない。
死ねないって言ってるのだよ

フランスでもどこでもコミュニケーションとしての食を大切にする。
西洋的な文化は人間の社会に素直なんですよ。
日本はちょっと違うかもしれない。
儒教の文化でかなり制約をかけてるんですよね。
でもぼくその素直じゃない文化、
好きなんですよ。......

世の中は常に変化し、
人生には予期せぬことが起こり、
そして、
人間は必ず死ぬ。
こう覚悟しておけば、
度胸が据わります。......

自分の存在が何の意味も持っていないという感情、
底無しの意味喪失感。
これはもはや病歴としてでなく、
人間としての叫びとして理解すべきである

基本的な考え方は、
広告がコンテンツであるべきだということ。
広告とは本来、
人間がサイト上で生成する有機的情報であるべきだ。
人間がつくり出す多くの情報は本質的に商業的だ

自分が何をやりたいのか。
どこを目指すのか、
そして、
そのためには何をすべきか。
結局は生きる信念を持っている人間が、
どんな・・

人を信頼できるということは、
人間性の問題云々ではなく、
才能に関わることだと思う

人間は、
やっぱり出来損ないだ。
みんな失敗もする。
その出来損ないの人間そのままを愛せるかどうかなんだ。
政治家を志す人間は、
人を愛さなきゃダメだ。......

他人を殺す者は一人の人間を殺す。
自己を殺す者はすべての人間を殺す

自然界の秘密を解き明かすのに、
人間の理性に頼っていては駄目だよ。

企画をモノにする事ができる人間とは、
よけいな情報に惑わされず、
自分は何なら勝てるかを知っている人間なのだ

ひとりの人間の真摯な仕事は おもいもかけない遠いところで 小さな小さな渦巻きをつくる

人間は場所を得て初めて、
本当の姿を現す生きものなのよ

人間の幸福というのは、
滅多にやってこないような、
大きなチャンスではなく、
いつでもあるような、
小さな日常の積み重ねで生まれる

人間は、
当たり前のことが一番できず、
当たり前のことを一番やりたがらない性質を持っている。
基礎ができてもいないのに、
つい応用問題に進もうとしたがるものだが、
基礎がしっかりしていなければ高度なことなどできるはずはない