名言大学

#fable

我が社の社員が辞めない理由は簡単です。
そもそも採用の時点で「辞めない人」を見極めているからです。
わたしの価値観を共有し・・

言葉の一つ一つはかの黒の朱のてんとう虫の如く、
羽立てて鳴る。
微かに鳴る。
言葉の一つ一つは凡(すべ)てが生ける言霊(こと・・

ナポレオンが、
敵をあたかも緒戦において完全に撃破するという意向を抱かずに出征したことは、
今だかつてなかったと言ってよい。

楽器の正しい奏法がちゃんとわかったら、
そこから発展させて、
自分のやりたい方法でやればいいんだ。
音楽やサウンドを聴いて、
・・

難事に際しては、
他人の忠告など、
信じてはならない。

言葉で何かを知ることは苦痛なのだ。
知らなければよかった、
と思うが、
私はどんどん知って行く。
それが私が生きるということだ・・

いったん文学の魔に魅せられると、
先行き何の見込みもなくとも、
文学からは離れがたいのが現実であって、
そこに文学の恐ろしさ・・

人を裁くな。
自分が裁かれないためである。

人間というものは、
すでに持っている物に加えて、
さらに新しい物が獲得できるという保証があるときでないと、
物を所有している・・

約束は必ず守りたい。
人間が約束を守らなくなると社会生活はできなくなるからだ。

数学は女性、
論理はその衣装だ。

良薬は口に苦くして病に利あり。
忠言は耳に逆らいて行いに利あり。

残酷さが小出しにされ、
時が経つにつれて度を増していく場合は、
残酷さが下手に使われるということである。

恐怖は、
マラリアや黒熱病よりも恐ろしい病気である。
マラリアや黒熱病は体を蝕む。
しかし、
恐怖は精神を蝕む。

ほんとうのユーモアは、
頭より心からわき上がってくるものです。

トーマス・カーライル

言葉は思うところを表現するために与えられた。
言葉は心の代弁者であり魂の姿である。

みんな頑張っているのに、
結果がついてくる人とついてこない人がいるのも事実。
僕は両者を分けるのは、
自信の違いだと思ってい・・

ソクラテスは、
おまえはどこの人かと尋ねられて、
「アテナイの人だ」と答えずに、
「世界の人だ」と答えました。
彼は普通以上に・・

人は誰でも、
一国家、
一民族の構成員である限り、
彼の心理作用は、
その従属国家または民族の伝統によって左右されます。
だが、......

働いたってどうもならんなんてことがあるものか。
働き方が悪いだけの話さ。

病気の境涯(きょうがい)に処しては、
病気を楽しむという事にならなければ生きて居ても何の面白味もない。

他流を知ることは自己を知ることである。

大きな池のそばに、
子どもたちが遊びに来て、
石を拾い、
池に投げはじめました。
楽しい遊びでした。
子どもたちは明るい笑い声を・・

外見の輝きに目がくらみ、
なんとたやすくまちがった意見をつくってしまうことだろう。

私たちは真理を、
自分に好都合なことと結びつける。

ジョン・ケネス・ガルブレイス

如何(いか)なる憬れにも充(み)たされぬところに、
慾望の波に喘(あえ)ぐ人間の悩みがある。
慾望からのがれることのできな・・

あなたの敵を愛せ。
あなたを呪う者を祝福せよ。
あなたを憎む者のために良いことをせよ。
悪を以てあなたに接する者、
あなたを迫・・

民衆の支持を得るのは簡単だが、
支持を保ち続けるのは難しい。

金持ちであることの「後ろめたさ」みたいなものが、
成功した人の品格を作る。

自律的な成長に限界があるのがなら、
他律的に限界を突破「させなくてはならない」。

人と人との間の愛は、
みずから之(これ)を専有しようとするときに、
もろもろの悲しみが生ずる。

食器は料理の着物である。

ユダヤ人の運命を開拓して行った唯一の力は、
ユダヤ人の宗教であった。
「民族の成功は、
民族の宗教に忠実なることによって得ら・・

財布は、
その中に何か入っていなければボロきれと変わらない。

ハーマン・メルヴィル

理性は科学というものをいつも批判しなければいけないのです。
科学というのは、
人間が思いついた一つの能力に過ぎないというこ・・

他者を信じきれる者はいない。
ひとつの考えを絶対的に信じることはあっても、
人を絶対的に信じることはない。

ヘンリー・ルイス・メンケン

選択の瞬間、
自我はおのれ自身を選ぶ──あるいはむしろ、
おのれ自身に委ねられるがままにするのである。
その時、
個性は、
いつ・・

人は死ぬが、
悪意そのものは死なない。

私はどうせ(作家という)蛇になるなら、
毒なし蛇ではなく、
毒蛇になろうと思うた。

敵と戦うに勝ちすぎては、
敵とって返して強く戦うものなれば、
初めの勝ちにて早くやめるが後に禍(わざわい)なし。
大いに勝た・・

どうせ、
この世では一回限り。
生きて、
死ぬ。
ただそれだけのこと。

ものごとをまだ種のうちに見抜けるなら、
それを天才という。

人は自分自身については暗闇の中にいるのも同然です。
自分を知るには、
他人の力が必要なのです。

何をどう言おうかと心配しないがよい。
言うべきことは、
その時に授けられるからである。

人生とは、
その時々に自然に変化し、
移りゆくものです。
変化に抵抗してはなりません。
それは悲しみを招くだけです。

一人一人が向上しなければ世界は発展しない。
だからこそ、
私たちは自らの向上に努めなければならない。
同時に最大限、
人の力に・・

資本主義は金(かね)を費やしているが、
私たち社会主義者は金を利用し損なっている。

人間の未来は、
その自由な選択に依存する故に予測不可能である。

人間は潔癖にすぎぬよう、
よごれもけがれも、
丸のみがよい。
交際は几帳面すぎぬよう、
やくざやのろまも一緒に受け入れた方がよ・・

食べているうちに食欲は起こるものだ。

危機的状況では、
どんなに強いものでも弱者を必要とする。

壊れやすいものへの敬意と個人の生活を重要視するのは、
教養のある人間に最初に現れる特徴である。

人間は戦うように創られている。
人にとって戦うことは、
永遠に避けられないことである。

たくさんお金があれば幸せになれるというのは間違い。
そもそもお金は道具です。
道具は自分に必要な量だけあればいい。
道具はた・・

老来の疾病(しっぺい)は、
すべて是(こ)れ壮時に招きしものなり。

言葉によって尽くし得ないことを、
行為をもって補おうとするのは、
正しいことではない。
近代人は、
たがいの本心にふれ合い、
た・・

負けいくさも次に勝てば埋め合わせがつく。
失敗作も改良できる。
しかしいったん否定されると、
もはや取り返しのきかないものが・・

(成功するためには)才能だけでは駄目である。
才能がありながら成功できない人間は、
そこらにごろごろしている。
天才だけでも・・

君子、
博(ひろ)く、
文を学び、
これを約するに礼を以てす。
 (四字熟語表記)博文約礼(はくぶんやくれい)

自分で自分を尊敬できるような生活をしなければならない。