名言大学

#恋愛

恋わずらいの人は、
ある種病人のように、
自分自身が医者になる

結婚は人生そのもの。
戦場であって、
バラの園ではない。

結婚生活――この激しい海原を乗り越えて行く羅針盤はまだ発見されていない

人は同棲するために結婚し、
三人家族になるのを避けるために離婚する。

恋されて恋するのは恋愛ではなく友愛である

とにかく観て損はしないわよ、
恋はするかもしれないけど・・千重子にね バカ言ってる

(寝るときは何を着ていますか?
という質問への答え)恋人の腕

人間は死ぬべきものだ。
恋愛が成立するための、
これが基本条件である

少しのきまじめさは恋愛においては結構だ。
しかしあまり真面目すぎては困る。
それは重荷であり、
快楽でなくなる

結婚したら、
指輪をするか?
俺はしないんじゃないかな。
べつに意味ないと思うから。
結婚指輪って、
(自分の気持ちが)不安な人がしてるんじゃないの?......

結婚は個人を孤独から救い、
彼らの家庭と子供を与えて空間の中に安定させる。
生存の決定的な目的遂行である

愛する努力もしねぇで、
与えることも知らねぇで、
自分だけはかまってほしいなんて…彼女はお前のママじゃねえんだよおォ!!

俺が妻と結婚したのは妻の笑顔を長い時間見たいから。
今、
妻を笑顔にしてあげられてないなら、
笑顔にしてあげれてない俺が全て悪い

(恋愛と仕事どちら選択しなければならない場合・・)私は何かのために彼を犠牲にはしないわ。
私にとって彼は仕事よりも優先順位が高いの

結婚する男は、
七年も年老いたと思うであろう。

原始時代の人は、
その恋人に花輪を捧げることによって、
初めて獣性を脱したのである

結婚したまえ、
君は後悔するだろう。
結婚しないでいたまえ、
君は後悔するだろう。

恋する男からみれば、
プレゼントは自分の力を確実にする一つの手段である。

「あなたといれば安心だわ」、
そんな恋も結局は他人任せ

恋の喜びはいつも、
不安の大きさに比例する

再婚なんてしない。
同じ墓に入る。
生まれ変わっても彼女と結婚する

恋なんていうものは、
そもそも回を重ねるに従って難しくなっていくようにできているのである

初恋が唯一の恋愛だ、
といわれるのは至言である。
というのは、
第二の恋愛では、
また第二の恋愛によって、
恋愛の最高の意味が失われるからである

すべての偉大な恋愛のうちには母性愛がある。
真の女らしい女たちが男の力を愛するのは、
男の弱さを知っているからである。

恋の始まりは晴れたり曇ったりの4月のようだ

恋愛とは、
美しい少女に出会い、
そしてその少女が鱈(たら)のように見えるのに気がつくまでの中間にある甘美な休憩時間です。

恋なんて、
人生の中では一番無目的で、
危なくて、
自分を投げ出さなければできないことなんですもの

答えが無いから、
「恋愛の方程式」っていうのは永遠のテーマじゃないのかな?

恋愛もなければ、
係恋もない。
いったいこんな閲歴が生活であろうか。
どうもそうは思われない。
真の充実した生活では確かにない

初恋は・・・・なんかよくわからないんだよね、
オレ

結婚するまでは、
俺がこういう世界にいるからあんまり遊べないでしょ?
だから結婚したら、
奥さんには「こんな幸せ初めて」ってくらいの世界で1番の幸せをあげる

globeのファン以外の方に向けて作っていた曲が恋愛。
globeファンには、
元気がないときやへこたれているとき、
学校や職場で嫌なことがあったとき、
試験や受験、
就活などを控えているときに聞けるような楽曲にしました

理想を追い求めて恋のチャンスを逃すより、
男性の長所を伸ばすことも時には必要

人は急いで結婚し、
暇になってから後悔する。

「張り込みは青春の浪費だ」という名セリフを残して、
多くの記者やカメラマンが去って行きました

17歳って、
青春だよぇ。
とはいっても戻りたくはないよ。
後悔はしてないからね

結婚とは、
同情か征服かのいずれかの関係である

恋が満たされると、
その魅力が失われる。

私は日々、
多くのジュエリーに、
一目ぼれや、
恋はしています。
そして選ばれたものだけが、
私を飾ることを許されるのです

私たちは死ぬときは、
ただひとりで逝く。
恋人や、
家族や、
親友がいたとしても、
一緒に死ぬわけではない。......

もう二年だけどね。
1年で結婚はちょっとはやいよー

恋と噂話はいちばんお茶を美味しくさせる。

結婚して幸せになれるかどうかなどというのは、
まったく偶然の働きによるもの。

結婚のための愛は人間をつくるが、
友情の愛は人間を完成する。

他の女のほうへ行くのは、
自分に魅力が足りないから。
行くなら行けばいいよって思って、
また違う恋をして、
というのを繰り返していました

少し変わった”はかない恋”を感じとっていただけたらなと思います

70年代いっぱいまでは、
青春も含め僕にとってのアメリカは表現者として一番「近い」国だった

ははは・・。
しばらく予定はないですが、
心の準備はできてるんです。
もう33歳ですし、
相手さえいれば結婚してもいいかなとは思ってます。
40歳までには・・

いいよ!! おまえはそれでいいよ!! ひとりの女をずーっと愛せるなんてカッコイイじゃねえか!! それをバカにするヤツらなんか気にするな!

彼が本物の運命の相手なんだったら、
あなたの細胞がカレー煮込めって叫んでるはずよ。
「細胞レベルで恋してる?

とことんまで恋した者は友情に手をつける。

恋というのは、
すぐに冷めてしまうから、
暖めたり、
揺さぶったりしなくてはいけない。

初恋とは少しばかりの愚かさと、
あり余る好奇心のことだ

やっぱり、
好きな人への想いは、
大事にしたいです。
ゆっくり、
ゆっくり、
愛を育んでいくような恋をしたい

今の若い男女はみんなすぐ恋人と考えちゃう。
女の子も、
出会った人を『彼氏にいいかも』、
『結婚できるかな』と考えちゃう。
そうではなく、
そういう意識をしない男友達、......

恋はするものではなく、
“こんなつもりじゃなかったのにと戸惑いながらも、
仕方なく落ちていくもの

ブライダルには、
結婚する人それぞれのストーリーやドラマがありますからね

恋愛は永遠である。
それが続いているかぎりは。

恋をして、
しかも賢くあることは不可能だ