名言大学

#ロシア

百人の力は千人の力より大きなものでありえるだろうか。
もちろんありえる。
さらに百人が組織されていれば、
実際にそうなる

慈善は、
それが犠牲である場合のみ慈善である

レフ・ニコラエヴィチ・トルストイ

美女が女神だと思うなんて、
なんという奇妙な勘違いだろう

レフ・ニコラエヴィチ・トルストイ

人生は苦痛であり恐怖である。
だから人間は不幸なのだ。
だが今では人間は人生を愛している。
それは苦痛と恐怖を愛するからだ

一番難しく、
しかも最も大切なことは、
人生を愛することです。
苦しい時でさえも愛することです。
人生はすべてだからです

自分をその人より優れているとも、
偉大であるとも思わないこと。
また、
その人を自分より優れているとも、
偉大であるとも思わないこと。
そうした時、......

レフ・ニコラエヴィチ・トルストイ

嫉妬とは、
愛の保証への要求である

レフ・ニコラエヴィチ・トルストイ

人間というものは時として、
何にそそのかされて我を押し通すのか、
自分でも分からぬことがあるものだ

一握りの先進国は、
地球上の圧倒的多数の住民を経済面で苦しめている

苦痛と恐怖を征服した人間が、
神となるのです

今僕に何か表明してほしい人たちは、
僕の立場に立ってこう考えるようにすることを提案します。
“それで自分はそうしようとするだろうか?

4回転ジャンプをやること。
オリンピックに出て、......

今後自分にとって必要だと思われるのは、
ミスなく滑ることと自分の実力を出し切ることです。
表彰台に上れれば、
それだけで幸せです。
ソチでメダルを首にかけることは、
それだけで勝利だと言えるでしょう

もし苦しみがなかったら、
人間は自分の限界を知らなかったろうし、
自分というものを知らなかったろう

ああ、
金、
金!この金のためにどれほど多くの悲しいことがこの世に起こることであろうか

レフ・ニコラエヴィチ・トルストイ

フィギュアスケートは大きく変わりました。
現在ではトランジションやスピン、
そしてもちろんジャンプに大きな比重がかかります。
自分たちのスポーツがこのように変遷したのを好ましく思います

真実だけでできていたなら、
歴史はすばらしいものだったろうに

レフ・ニコラエヴィチ・トルストイ

書物は、
大いなる力である

家を守らない女は、
決して幸福にはなれない。
家で幸福でなければ、
何処でも幸福になれない

レフ・ニコラエヴィチ・トルストイ

学べ、
学べ、
なお学べ

まず自分自身の務めを優先し、
自分の競技に集中するようにします。
それから、
時間があれば、
間違いなくホッケーやその他の競技を見に行くでしょうね

あらゆる戦士の中で最も強いのがこれらの2つである ー 時間と忍耐力

レフ・ニコラエヴィチ・トルストイ

愚かな人間は沈黙しているのが最もよい。
だが、
もしそのことを知ったならば、
その人はもう愚かな人間ではない

僕らのベイビーであるサーシャには,ここの気候はとても適しているんだ。
太陽,海とかね

抽象的な真理など無い、
真理は常に具体的である

今僕の最後のスタートに向けての準備に対し,悩ませるものは何もない。
家も建って,子供たちも育っている。
今最も重要なことは勝つことだ!

新しい一歩を踏み出すこと、
新しい言葉を発することは、
人々が最も恐れることである

(かつてのライバルであるボリス・スパスキー氏はフィッシャーが拘束された後に当時の大統領であるブッシュ氏に)私も逮捕してボビーと一緒の部屋に入れて下さい。
チェスの道具と一緒に

食後の睡眠は銀、
食前の睡眠は金

僕は本当に家族に会いたくてたまらない。
ヤナの息子であるアンドレイとコーリャも。
長男のイェゴールにも会いたい。
リトルサーシャにも会いたい

芸術は民衆のものである

イタリアのサッカーが大好きで、
もちろんユベントスが私の応援しているチームです。
今でも「アレ」とはコンタクトを取っていますが、
トリノに残るべきだったと思っています。
チームの伝説的存在になっているのですから

関数関係の概念ほど、
直接的かつ具体的に現実の現象を反映している概念は、
他には一つもないだろう。
この概念には、
現実の世界・・

僕は人類全体の苦痛の前に頭を下げたのだ

宗教はある種の精神的な安酒だ。
その中で資本の奴隷は自分の人間的尊厳と欲求を、
なんとか人間らしいものになることで忘れる

バンクーバー後に決めました。
というのも自分のキャリアをロシアの大会で締めくくるのが正当だと思うからです。
それが自分にとって全てです。
あの地で出発し、
その同じ地で最後の競技に参加する

金こそは、
取るに足らぬ人物を第一級の地位に導いてくれる唯一の道である

逆境が人格を作る

レフ・ニコラエヴィチ・トルストイ

ウラジミール・ジリノフスキーには、
僕はこう言いたい。
公の活動家は一般に何かを表明する権利がありません。
スポーツに近い人物ではなく、
反対に、
スポーツからとても遠い・・

真の紳士は持てる物をすべて失ったとしても感情を表してはならない。
お金はまったく紳士の関心の外にあることであり、
気にかける価値もない

労働階級の力は組織である。
大衆を組織せずにはプロレタリアートは無である

働かざる者、
食うべからず

最近モスクワに、
私のファンである10人の日本人が来たんです。
「雪の王」のショーを見に。
モスクワを観光したがっていたので、
私も長いこと見てませんでしたし、
喜んで案内に応じたんです。......

この世は一冊の美しい書物である。
しかしそれを読めない人間にとっては何の役にも立たない

数学にとっては、
考えを簡潔に表すことが、
昔から、
権威あるものとされた争う余地のない法則になっている。

人間が幸福であるために避けることのできない条件は勤労である

誰が君を褒めるか言ってみたまえ、
君の過ちが何なのか教えてあげよう

私は収穫の時には立ち会わないかもしれないが、
今のうちにまけるだけの種をまいておきたいと思う

良心の自由ほど魅惑的なものはないけれど、
またこれほど苦しいものはないのだ

革命の時期と進展を示唆することは不可能であり、
多かれ少なかれ神秘的な法則に支配されるが、
革命が来る場合には急激に進む

大部分の人は僕の側にいます。
でも他の人たちはただ心が狭く・・そして彼らは僕に今教えようとしています。
“それはこういう方法やああいう方法でやる必要があった・・

女にとっての復活は、
あらゆる破滅からの救いと更生は、
愛のなかにある

文明のおかげで人間がより残忍になったとはいえないとしても、
前よりも残忍さが醜悪になったことは確かだろう

たとえ今までのところ、
その建物にわずか一粒の砂を運んだにすぎない人でも、
必ずや心の渇きをいやしてくれるはずである

よき時代は天から降ってくるものではなくて、
わたしたちが自分でつくり出すものです。
それはわたしたちの心の中にあるものなのですよ

神が存在しないならば私が神である

人間には、
愛がありさえすれば、
幸福なんかなくったって生きていけるものである

人生の意義を探し求めようとしない者がいるならば、
その人間は生きながら死んでいるのだ

真実を語るのは実にむずかしい。
青年でそれをできる者はまれである

レフ・ニコラエヴィチ・トルストイ

(ソチ五輪について)ホテル、
スケートリンク、
物流、
インフラなどのすべての面で、
最高の五輪でした。
山間部に行くことはできませんでしたが。......

自分が天才だと思いません。
努力の価値を知っている普通の人間です