名言大学

#アニメ・漫画

中学生の頃は(怪盗ルパンに)相当ハマりましたね、
たくさん読んでいたなぁ。
で、
その前、
小学生の頃は怪人二十面相、
好きでしたねぇ

断固たる決意が必要なんだ!!

喝采は要らんちゃんとやんねん

こんなクェスのオ●ンコ、
僕は舐めないよ!

わかったわよ!私も行くわよ!しんのすけに会えるんなら戦国時代でもどこでも行ってやろうじゃないの!

善良な鬼と悪い鬼の区別もつかないなら柱なんてやめてしまえ!!

母さんは今日も元気なのに、
私はただ歳をとるだけなのかしらね当時は知り得なかった、
30オンナの悲哀が、
今や痛いほどわかるように

抱かせてくれ・・・・・・

(自身の漫画が)没後何年後かに、
世界でブームになるかもしれません(笑)

新しいことに挑戦するのが苦手

妥当な夢が叶わなかったら、
ショックだもんね・・・・・・高い理想を掲げることは、
きっと、
自分を守ることなんだよ。
だって叶わなかったとき、
『やっぱり』って言えるもん

ひとつのものがずうっと、
定着してしまっているということは、
逆に不安定で、
ぼくに言わせれば「死んだ芸術」ですよ

じじい、
そのハイだ

わたしはわたし。
あなたじゃないもの

『次元大介』という名前の由来は、
たまたまなんです(笑)。
僕は3次元、
4次元の『次元』という言葉の字面が好きで、
名前に使ってみたという、
単なる思いつき

右を考え左を考え、
それから下のことも上のことも考えよう。
ああ、
トライしさえすれば、
どれだけの考えを見つけ出すことができるか!

は…?俺は運さえあれば日本一にだって勝てるって言ってんだぜ

この脚でどんな壁も飛び越えてみせるどんな壁も!!

体と心は支配されても誇りだけは思い通りにならんぞぉぉぉぉぉぉぉぉ

息子と親としてじゃなくて、
親は客、
自分はホストになった気持ちで行動すればうまくいくんですよ

ま、
なんとかなるか 期待してるよ、
みんな

読めば読むほど、
知識が増える。
知れば知るほど、
行き先が増える

世の中つまんないと思うときの自分は、
自分がつまんない人間。
世の中バカばっかと思うときの自分は、
自分がバカ。
世の中醜いと思うときの自分は、
自分が醜い。......

気が滅入る?
君の生活にユーモアがたりないのかも。

ククク・・・なるほど・・・・・・凡夫だ・・・的が外れてやがる

チームを勝たせるのがエースの仕事だ。
でも負けた後の責任まで負うな。
それは俺(主将)の仕事だ。
エースは前だけ見てればいい。

逃げて弐号機の人 ありがとう

知ることによって人は意識を変えることができます

4ページまでが勝負。
4.5でつまんないと、
読者があきちゃうんですよね。
逆に7ページまで読んでくれれば、
もう一気に行く感じになる

気楽でいいじゃないですかこれで多分ウチが勝つとは思ってないですよ終わった時にわかるでしょうこれが正しいか正しくないか正しくなかったと思い知らせてあげましょう

おかえり。
碇シンジ君。
待っていたよ

まあっ、
勉強してる!!気がへんになったんじゃないかしら。

俺は応えなければ

ノジコ・・ナミ・・大好き

全ての悩みの原因は自分があると信じていること

そーそー、
張り切ってくれよ。
少しでもオレを楽しませられるようにさ

住み込みで働いていた事務所から引っ越した当日の深夜、
誕生日を迎えた瞬間に鼻血が出てきて・・。
ここが人生の勝負どころ、
頑張らないといけない! と思いました

勝利以外の何かに拘るような奴に…俺は負けねえっ!!

抜いたと思っても・・シュート態勢に入ってるうちにもう前にいるんだあれは思い出したくないな・・

(上手く描ける時と描けない時の違いは?
)心の在りようだと思います。
心の静かな感じの時は割りとすんなり描けます

悪魔の実の能力は使い方と訓練次第でいくらでも強い戦闘手段になる

いつもは10人の人にうけるように、
ってやってるけど、
月に一度ぐらいは1人がいればってことで。
でもそれを続けちゃうとヤバイんですよ

何焦ってんのか知らねぇけど、
何でもかんでもやればやるほど効果があるってもんでもないぜ

僕がガンダムという作品を生み出せたのは、
3カ月後に入金がない生活の怖さを回避するためにロボットアニメを利用させてもらったからだ、
という言い方もできるわけです。
「こういう(ロボットアニメを作る)仕事がしたいからここまでやってきた」と言えるほど、
僕は能天気にアニメの仕事をやってきませんでした。
生き方の基本とはまず「普通に生きながらえる」ことを目指す。......

心配しなくていいよ。
いまみたいなやつで一瞬に殺したりはしない。
そんなんじゃボクの腹の虫はおさまらないからね

僕は石の素材、
そのままが好き。
想像が広がる

タモリさんのテレフォンショッキングは、
こっちの話しても、
タモリさんが自分の話に持っていくので面白くない

オ・・・・オレが・・か・・・・

人をはめることばかり考えてきた人間の発想痩せた考え・・

不可能なことなんて何もないんだ

僕らがいくらヒットを生んだとしても、
しょせん手塚治虫にはかなわないんだよ。
あの人は雲の上の人なんだから。
誰も彼もそれを認めていたじゃない。
天才というのは、
どこかいびつでしょう。......