名言大学

#努力

一番大切なのは自分からの信頼だ。
自分との約束を守り、
掲げた目標を達成する

今後も、
パーク24の道場を開放して、
地域の子供たちに柔道を教えたり、
個人的に主催している「VIVA JUDO!」を日本各地で開催して、
子供たちに夢や目標を与えることで柔道界に貢献していきたいと思っています

練習より本番に強いっていう。
こういう選手じゃないとダメなのかなと思った

努力する人間の困難な問題は、
先輩の功を認め、
しかも彼らの欠点によって妨げられないことである

しっかりと準備もしていないのに、
目標を語る資格はない。

因果論や結果論、
二元論、
努力精神論といったものより、
確率論的な考え方・捉え方の方がしっくりくるということに最近気づいた

W杯出場は目標ではないけど、
W杯に行くのは子どものころからの夢

小出監督は本当に指導がすごいと思います。
長年、
高校で陸上競技を指導してこられたので、
この選手にはこんな言葉を、
あの選手にはこんなメニューを、
といった具合に、......

昨日までのことを忘れるために生きてきたわけでもなければ、
明日を夢みるためだけに生きてきたわけじゃない。
今日っていう日を精一杯生きることがすべてなんだ

日本の靴下は繊細優美ではきやすく、
丈夫で、
長く世界の最高峰と評価されてきました。
これは我々の先輩方の努力のたまものです

自分にマイナス要素がある、
才能的に優れていないからこそ、
そのマイナス面を埋めるための努力を死ぬまでしなくてはいけないのです。
この努力は一見辛いように見えます。
実際とても辛いです。
努力をしないで好きなところにはまって、......

どんなに練習しても強くなれない選手はいます でも、
この世界は才能だけじゃ勝てない 死ぬほど練習しなきゃ

現在の自分に満足せず、
なにが足りないのかを探し、
それを伸ばすトレーニングをする。
そのプロセスが一番大事だと思い、
僕は生きている。
目に見える成果が出なくても、......

自分の可能性を広げるために、
まずは、
素直に一度は吸収し、
その後、
確かめ検証しましょう。
自分の頭で考え直し、......

大学のリンクで練習して、
小さいころから目標にしていたオリンピックという舞台を、
バンクーバーとソチと2大会経験できた

私たちの人生は、
私たちが費やした努力だけの価値がある。

努力の重点のかけ方をウェイト付けするならば、
発明は1、
開発は10、
そしてその商品化は100

ずっと先を見つめ、
規律正しく辛抱強く、
努力家にして意思堅固な者。
彼は召し使いであっても指導者になる。

何の努力もせずにステキな男性と恋に落ちるなんて、
小説どころか、
絵本の中だけのお話です

柔道でも総合格闘技でも、
やはり練習ですよ。
練習こそが、
不安を取り除き、
心の隙間を埋めて、
自信を生み出す一番の方法なんです

(毎日欠かさずしていること?
)練習。
また、
休むことも練習だ。
3日はジムで練習し、
1日休む。......

自分の現役時代と現在では、
練習方法や練習環境に違いはありますが、
「いかに意識を高く持つか」という根本に変わりはありません

いざというときのために、
地道に500円玉貯金

生きることが、
もちろん人生の最高目標である。

ずいぶんムダな努力をするんですね・・・そんなことがわたしに通用するわけがないでしょう

大学2年生で迎えるリオデジャネイロ五輪は、
まず出場すること、
そして団体でメダルを獲ることを目標としています

官僚になるという具体的な目標が見つかったことで、
そこから逆算して高校と大学を決めていきました

僕は「日本を元気にする」という類の議論は無責任だ、
と書いたことがあります。
これだけ多様化し成熟した社会で、
「日本をどうする」といってできるものではない。
個人や企業が努力して、
その個が集まって全体が変わっていくというのが本筋だと思います

本番で練習以上の成果は出ない

天才には、
そう誰にでもなれないが、
本物には努力次第でなれる

この28年間で野球界は様変わりしました。
練習も根性一辺倒なものから、
すっかり合理的になった

歳を重ねる度にいつもいつでも自分を好きでいれるかどうか。
だから努力が出来る

試合でうまくいくためには練習がすごく大事です。
その練習で一番上の選手がしっかりやっていれば、
(年齢が)下の選手も自然とついていくようになるのです

到底達成できないことに向かって努力するよりも、
むしろおまえができることを何か実現させよ

運命なんて、
努力次第で変えられるんですよ

幸せは目標ではないし、
目標であってもならない。
そもそも目標であることもできません。
幸せとは結果に過ぎないのです

成功や経済的独立を手中にするのは、
おうおうにして、
それを得るために努力した理由がなくなってしまってからであるのは、
人生・・

僕も病気やけがを抱えています。
80歳で3度目のエベレストに登ろうと思った時には大腿骨と骨盤を折りました。
エベレストに向けて出発する1か月半前には心臓手術も受けました。
あの時に目標がなかったら、
今頃は寝たきりでしょう

一人一人出来る事は違う。
個々が出来る事を精一杯出来れば口蹄疫で苦しむ人達の力になるはず

満足は努力の中にあって、
結果にあるものではない。

精一杯に自分のやりたいことをやって生きたいように生きていればいいんです

人間は得てして、
めぐまれた環境にあっても、
与えられた仕事をつまらないと思い、
不平不満を口にします。
しかし、
それで運命が好転するわけではありません。......

(東京オリンピックは優勝ですかと聞かれ)目標はそうですね

(メジャーになる為には)めちゃめちゃ努力しなきゃいけないし、
頑張らなきゃいけない

優れた外科医は人には真似のできない自分の型を持っているものです。
それは一朝一夕には身に付かず、
日々の努力の果てにいつしか自分のものとなっているといった類のものです。
そんな優れた医師になるにはとにかく一歩一歩、
小さなことを積み上げ、
不断前進していくのみです

成長したいなら、
常に自分にストレッチを課すことです。
ストレッチとは、
現状の自分よりも高いものを求めて、
実力よりもはるかに高い目標を掲げることです。
たとえば、......

俺にしかできないことがある。
精一杯やれることがあるのはかえって幸せなのではないか

参謀役は自分自身の分というものを知るべきである。
そして、
その分の中で精一杯の仕事をする。
トップと参謀役の理想的な関係というのは、
そういうものだという気がする

目標を達成する人は「簡単な行動を実践し続ける人」であり、
「自己肯定感の高い人」である。

いーや、
まだまだ努力がたりない!!もっともっとがんばれるはずだ!!

目標もなくラクに過ごした毎日など、
そんなものをどんなに積み重ねていっても、
人生という長い旅行ではどこにも辿り着けないし、
何の充実感も得られません

(GP開幕戦の)スケート・アメリカより、
一段でも二段でも、
階段を登っているなという実感があるので、
着実に自分の(目標とする)レベルに近づいているなと感じています

残念ながら信用よりも目先のカネを大切にしているような連中がのさばったせいで、
信用の信用度が暴落している状況だ。
だからこそいまが信用の買い時なんだ。
長い目で見れば人間社会において信用の価値がなくなるはずがないんだから。
いまこそ信用を得るための努力をして成功を手にしよう

大努力を成すには、
当然自ら苦しまねばならぬ。
苦しんで開拓したものでなければ本物ではない。
人並みの努力をしたのでは優れた者にはなれない

自分でどんなに気に入っている仮設でも、
それに反する事実が明らかになれば、
すぐにその仮説を捨てられるよう、
常に心を自由にしておく努力を重ねてきた

貯金した努力には実力の利息がつく。
浪費した才能には挫折の債務がつく

いまの課題をコツコツこなしていけば、
語学学習のように、
いつか大きく飛躍する瞬間が訪れます。
そこまで根気強く努力を続け、
夢を持ち続けられるかどうかが成功するか、
しないかの分かれ道です

すべて練習でやってきたことです。
イメージ通りにパンチを当てることができましたね

意味合いが変わるから、
気持ちが変わる。
気持ちが変わるから、
行動できる。
なので計画どおりにいき、
目標を達成し、......

目標も計画もなしに成功はありえない