名言大学

#哲学

賢者は、
人の上に立たんと欲すれば、
人の下に身を置き、
人の前に立たんと欲すれば、
人の後ろに身を置く。
かくして、......

人は自分の無知を知れば、
もう無知ではない。

最も重要なのは、
新しいモノ、
より良いモノを作り続けるという哲学だ。

我々人間はすべて、
言葉を使用するかぎり、
理性の命ずる定言命法に従っており、
その絶対的支配下にあるということでしょう

人間関係の第一の基本は相手の立場に立って話を聞くこと。
そして、
お互いの信頼関係を確立して本音で話し合える関係になること。

過度にならない程度に自己の能力を高く評価することが幸福の一つの源である

バートランド・ラッセル

未来を語る人になろう! 伸びる可能性があれば、
年老いても未来を語る。
過ぎ去った栄光を語る人は、
そこで成長はとまる。

ロバート・コンクリン

不思議なことが多すぎると、
それに逆らおうなんて気がしないものだ。

金銭を崇拝する人間は自分自身の努力を通し、
あるいは自分自身の活動の中に幸福を得ようとする望みを、
捨てた人間である

無知がデマを作り出す、
デマが無知を追い込む。

不満を抱くことは人生に目標を持つことに通じる。

われわれは、
では、
何にたよればいいのか?
 われわれが真なるものと、
虚なるものとを弁別するのに、
感覚よりたしかなものがあ・・

デリカシーというのは、
予知のようなものです。
「あ、
こんなこと言ったら相手を傷つけちゃうかも」とか、
「場の空気が悪くなる・・

人間が自分で意味を与えないかぎり、
人生には意味がない

よいコミュニケーションは、
ブラック・コーヒーと同じくらい刺激的。
その後は、
なかなか眠れないもの。

アン・モロー・リンドバーグ

四ヶ月の交際が一生を保証するだろうか?

ジャン・ジャック・ルソー

重要なのは、
病から癒えることではなく、
病みつつ生きることだ

人は刃物をふりかざさなければ、
この世で成功せず、
しかも、
死ぬ時は手に武器を握って死ぬのだ

あれもいい、
これもいいという生き方はどこにもねえや。
あっちがよけりゃこっちが悪いに決まっているのだから、
これだと思った・・

悪にかけても善にかけても英雄がいる。

どんな王宮だって、
優美さにおいて精妙さにおいて、
一匹のカタツムリの殻に、
建築として到底およばない。
この世のほんとうの巨・・

君が自我を放棄すればするほど君の愛は偉大になり、
真実になる。

本気とは、
後悔しないこと。

幸せかどうかは、
自分次第である

もし、
われわれを無意識の願望の動きをもとにして判断するならば、
われわれ自身もまた、
まさしく原始人のごとく人殺しの群である

ジークムント・フロイト

知性を伴わぬ名声と富は、
危険なる持物なり

幾何学の原理は、
あらゆる数学の原理である。

やりたいことがあるのなら、
とことんやることです。

人間は歴史を創る。
しかし自由に自らの好みで創るのではない。
直接与えられた、
在り合わせの過去から受け継いで創るに過ぎない。
死んだ世代のあらゆる伝統が、
生きている人間の頭の上に悪魔のようにのしかかるのである

現在でも、
我々がよく知っている数の性質で、
いまだに証明することができないものは、
たくさんある。
それらの認識へと我々を導・・

レオンハルト・オイラー

立ちどまらなければ ゆけない場所がある。
何もないところにしか 見つけられないものがある。

私の心の限界が私の世界の限界である

ルートヴィヒ・ウィトゲンシュタイン

革命的精神はすべて、
人間の条件に反対する人間の抗議のうちにある

熱中ほど伝染しやすいものはない。
これこそ真のオルフェウス神話である。
熱中は岩を動かし野獣をもうっとりさせる。
それは誠意・・

凡(およ)そ剛強の者は与(くみ)し易く、
柔軟の者は怕(おそ)る可(べ)し。
質素の者は永存し、
華飾の者は剥落(はくらく)・・

良心は、
ただただ常に沈黙という形で語る。

子供というものは、
元気なようでいて、
案外もろくて弱いものです。
疲れやすいのです。

人生の幸福は困難に出合うことが少ないとか、
まったくないということにあるのではなく、
むしろ、
あらゆる困難と闘って輝かしい勝利を収めることにある

朝もよし 昼もなおよし晩もよし その合い合いにチョイチョイとよし

人類で初めて石の代わりに侮辱を投げつけた人物は文明の創始者である

ジークムント・フロイト

人間の運命の大きな改善は、
彼らの考え方の根本的な構成に大きな変化が生じない限り、
絶対に不可能である。

もし、
他人が欲しいものを得ることを十分に手伝えば、
人生であなたが欲しいものは全て手に入る。

授業中、
一生懸命聞いているように見える学生は、
必ずしも内容を理解していない。
なぜならば、
彼らのエネルギーは「聞いている」というポーズをつくることに集中されてしまうからである

ジャン=ポール・サルトル

下らぬ連中が非難しても、
優れた人は意に介さない

自分の演奏について説明が要るようなら、
演奏などするべきではない。

ルイ・アームストロング

多くの取るに足りない阿諛者に取り巻かれた最大の阿諛者は己自身である

フランシス・ベーコン

確かに私は人間を嫌悪しているが同じような気安さで人間存在を嫌悪しているとは言い切れない。
なぜかというと、
この存在という語には、
何はともあれある充実した、
謎めいた、
魅惑的なものがあり、......

「何者かであり続けている」ことへの不安から、
何者にもなれない人たちがいる。

役に立たない知識から得る喜びは大きい

幸せになるためには、
価値判断を放棄しさえすればよい。

過去とは成就された全体、
かつて未来としてあったものを乗り越えた全体であろう。

「・・・・のように美しい」の「・・・・」に何を入れるか、
どんな言葉をそこに使うかで、
一人一人の自分、
一人一人の経験が、
その言葉・・

賛成の数が多いからと言って、
何一つ価値のある証拠にはならない

汝を称讃する人々の価値に重さをおくべきなり。
悪から称讃されざることこそまことの価値なり

ルキウス・アンナエウス・セネカ

神は動物をつくる。
人間は自分自身をつくる。

もし、
私の持っているものが私を意味するなら、
また、
私が持っているものを失ってしまったら、
私は誰なんだろう?

エーリッヒ・フロム

人間関係の問題は、
人を避けたり、
人を変えようとしても解決しないということです。
結局のところ、
自分自身を変えることで何と・・

人は多くの場合、
他人と異なるのみならず、
また、
いろいろなときにおける自分自身と異なることが多い

ブレーズ・パスカル

誰かが奴隷なのは、
彼自身の意志のせいであり、
ある民族が他国の足かせのもとに置かれるのも、
同じくその民族の意志のせいであ・・