名言大学

#青春

私は青春の日の愛に目覚めたのです。
そうして少しづつ熱情の中に人間と自然とを読むことを覚えました

ウッシャー46才の朝です、
青春6才、
感謝

(学生時代)ふざけていたことが、
今思えば青春だったなぁ

初恋は・・・・なんかよくわからないんだよね、
オレ

青春ほど死の翳を負い、
死と背中合せな時期はない

女は最初恋人に恋するが、
その後は恋に恋する。

初恋というのは、
二番目の恋をするための準備以外の、
いかなる価値があるのだろうか。
では二番目の恋は、
はたして何をもたらし・・

プロレスは自分の青春。
一つの青春は終わり、
また次から来る青春を頑張ります

娘のするあらゆる愚行のうちで、
初恋がつねに最大の愚行である。

初恋は麻疹(はしか)の如し。
何人も一度は免れずして経験し難し。

青春の辞書に、
失敗という言葉はない。

世界中の映画に慣れ親しんだので、
アメリカ映画、
フランス映画、
ドイツ映画で、
国による表現力の違いに気がつきます。
『我が青春のマリアンヌ』では、......

見るも哀れなのは、
短い青春がたちまち灰色の単調な日々の長い行列に取って代わられる人の一生である。

僕の年になっても何で青春映画が見ていられるのかっていうと、
みんなが通った経験値が基にあるから。
根本に見え隠れする想いとか、
恋心とか、
失意とか、
絶望とか、......

僕は16歳から「嵐」です。
成長期というか青春はほとんど「嵐」でした

歳をとっても病気に倒れても、
心の持ち方一つで青春でいられる

初恋の魅力は「恋がいつかは終わる」ということを知らない点にある

青春は人生にたった一度しか来ない

もう一度、
優美の魔力に、
青春のやさしい魅力に挨拶する

豪奢(ごうしゃ)な富も黄金にあふれる館(やかた)も、
青春と取替えはせぬ。
青春は、
富める時も貧しい時もこの上なく美しい。

「青春がすばらしい」というのは幻想である。
青春を失った人達の幻想である

新しい人生が、
新しい世界が、
自分たちから始まると思い込むところに青春時代の深い意味がある。

自分の本音の本音を探っていけば、
そこにはきっと正解がある。
悩みは決してなくならないけど、
原因が明確になれば対処はできる。
悩みなんてこじらせていても、
何もいいことなんてないんだから。......

青春時代に描いた夢や理想とは、
かけはなれた生活をしながらも、
自分を磨こうという気持ちすら忘れ、
そのぬるま湯の心地よさにいつしか慣れて、
満足に本も読まず、
堕落した生活を送るようになっていくのである

結婚とは青春の過失であるとある作家は言ったが、
過失であって結構なのである。
お互いにしまったと思いつつ、
「お互いに、
しまったわね」などとニヤニヤ笑いながら、
さし向いで言うようになったらしめたもので、......

「青春」とは傍で見るほどすばらしいものでも何でもなく、
不細工で、
汗くさくて、
はずかしくって、
何ともやりきれないものである

ああ!青春!――人は一生に一時しかそれを所有しない。
残りの年月はただそれを思い出すだけだ

わたしは今頃になって、
自分の青春が何であったかを、
考えてみることがある

めちゃイケは僕の青春でした(2018年3月31日最終回)

青春の夢に忠実であれ

全力投球でやれば可能性は見つけ出せるもんだろうと思ってますし、
仕事というのはそういうもんです。
その気持ちがある時はまだ青春だと思っています

私には青春を奪った横暴な国家というものを許さん、
という思いがしみこんでいます。
泣きみそ(泣き虫)ですが気が強いんです

自分の本音の本音を探っていけば、
そこにはきっと正解がある。
悩みは決してなくならないけど、
原因が明確になれば対処はできる。
悩みなんてこじらせていても、
何もいいことなんてないんだから。......

ひとたび睡眠というこの青春の泉に浸すと、
私は自分の年齢をあまり感じないし、
自分がまだ健康であると信ずることができる

青春とは、
人生の一時期だけではない。
それは心の状態だ。
長く生きただけで老いる者はいない。
人は理想を放棄することによって老いるのだ

「張り込みは青春の浪費だ」という名セリフを残して、
多くの記者やカメラマンが去って行きました

青春小説、
青春映画っていうのがあるんだから、
青春音楽っていうのもあっていいんだ

青春の正体は『無責任』だよ。
無責任になれば青春時代は戻ってくるよ

青春とはもともと暗く不器用なもので、
明るくかっこよくスイスイしたものは商業主義が作り上げた虚像にすぎない

青春っていうけどいつもドキドキするのは夏だよな

若い人たちは、
自分たちは絶対年を取らないとでも思っているのだろうか。
人生のうち、
青春として知られる時期ほど短いものはない

悲哀や苦痛はつまり、
楽しい青春の夢を猶(なお)楽しく強く味わわせる酒のようなものだ。

青春とは、
狂気と燃ゆる熱の時代である。

甘酸っぱくてキラキラした青春や恋愛ものもいいと思いますが、
言葉を交わさなくても目配せで伝わる大人な恋愛観はグっとくると思いますね

青春は短い。
宝石の如(ごと)くにしてそれを惜しめ。

夢であり、
青春という言葉が似合う大会なのかなって思います

女の行うあらゆる愚行のうちで最も愚かなもの──初恋。

娘のするあらゆる愚行のうちで、
初恋がつねに最大の愚行である。

黒は特別な色ですね。
共感覚はそんなに意識していないけれども、
誰でも音楽を聴いたら何色なのかを感じるじゃないですか。
俺は黒とか青黒いものが好きで、
それは何だろうなと思うと、
俺の青春が90’sだったから、......

時という結局暇つぶしな期限の中、
いかに青春ノイローゼが続けられるか?
それは人生という名の実験であるとオレは思っている

「青春」はなぜ「春」なのか。
おそらく、
褒(ほ)められすぎているところが似ているからであろう。

男の初恋を満足させられるのは、
女の最後の恋だけである。

若者にとっては悲劇的な時代ですよ、
青春を闘っていく対象がないということは

小学校5年生から中学校3年間は本当に地獄のような日々でした。
普通の人が青春を楽しんでいる時期に、
僕は「青春なんてクソくらえ!」と思いながら、
サンドバックのように、
ひたすら言葉の暴力に耐えていました

酒を飲め、
それこそ永遠の生命だ、
また青春の唯一の効果(しるし)だ。