名言大学

#アイドル

この気持ちのまま、
一緒にはいれないな

SMAPを全力で支えないと、
と思う。
なぜなら、
SMAPに支えられているから

この仕事でよかった。
そう気付く機会を、
この4人と経験できてよかった

『HERE WE GO!』ツアーのことは思い出深いよ

いつか子供と海に一緒に入れたら最高じゃないかなぁ。
で、
帰りの車の中で、
横で疲れて口開けて寝てたりしたらたまんないよね(笑)

恋人に「好き」とか「愛してる」って言葉は言わないね。
そういう気持ちがあったうえで、
何か違うこと言ってると思う

自分が生きていることこそが個性だよ

「寝てない」とか「疲れた」なんてテレビを見ている人には関係のないこと。
大事なのはそこでどれだけのものを出せるか

今目の前にあること120%で取り組む。
これが俺の条件

いろんな人に嫉妬されるような役者になれたらと思います

作品もライブもドラマもそうですが “いいものは細部に宿る というか、
しっかり準備することが成功への近道ではないかなと

思い返すと、
あの悩んでいた時期も楽しかった

顔の(かわいい時とかわいくない時の)ムラが激しい・・。
見ていて、
『あれっ、
おぉっ!?ブス!』ってびっくりする(笑)

僕は今、
スターになっている人を20人くらい、
オーディションで落としたり、
プロデュースを断ったり、
クリエイターとして興味を持てませんでした。
僕の目は節穴です。......

(今年はその熱さを前面にアピールしてはどうでしょうか)それはないです。
一生隠していきます

作品で感動してもらうためには、
自分もまず何かに感動しなきゃと思う

ずっと乃木坂でやってきた縁や、
つながりは永遠に続くものだと思っています

他人に認めてもらうにはまず自分が努力すること

今、
ここにいるのは両親のおかげだから。
「ありがとう」の思いをいつか家族に返したいと思ってるよ

演じている時はもちろん、
プレッシャーは今も感じています

根がすごく負けず嫌いだからで、
弱々しい部分を皆さんに見せたくないんです。
ステージから離れると反省することも多々あるんですけど、
堂々とした自分を見せたいし、
自分の中で抱える不安を、
本番では勇気や楽しさに変えようと思いながら臨んでいます

(クレヨンしんちゃんとの共通点は?
)シンプルに下品なとこ

娯楽と不謹慎の境を模索していたけど、
僕らが笑顔で呼びかけることが大切だと、
今日ここに立って初めて感じました

お客さんから見た目線と自分達がやりたいって思うことのバランスを常に大切にしています。
舵ひとつ切り方間違えれば、
潰れちゃうから難しいよね。
プレッシャーはもちろんあるし、
ギリギリまで構成を迷うこともある

若者に限定したことではないんですが、
今はすごいチャンスだと思います。
マラソンだって平地で追い抜こうと思ったら速いヤツはなかなか抜けないですよ。
でも坂道だったら全員辛いからこのときこそ抜けるんですよね。
だから就職難だったり企業の調子が悪い今がチャンスなんです

何度も諦めかけた 諦めない大切さ 電動自転車に教えてもらいました

いつも、
ファンの子たちの夢でありたい

やりたいことを一つ挙げるなら、
ゆっくり旅をしたいかな

(嵐を)好きになったこと、
決して後悔させない

とにかく、
上、
上、
上。
まだゴールなんて見えちゃダメだと思う

やっぱり今すごく幸せだよ。
10年続けてこれたっていうだけでも幸せじゃない?
それ以上の贅沢は言わない

オレね、
今も基本的に「人がニガテ」なことに変わりはないんだけど、
「1人で生きてる」と思ったことはないの。
いろんな人に支えられて、
守られて、
ここまで来られたと思ってる

続けることの難しさ。
維持することの大変さ

唯一自慢できるのは、
筋肉質なところぐらい

恋愛を客観的に語ってもダメなんだって。
当事者の主観でしか語れないんだから

後悔はするけど、
やり直したいとは思わない。
やり直してたら、
前に進めないよね

(ストレス解消法は?
)家の中でサングラスをかける

人がグチってる時は、
好感度を上げるチャンスだったりします

予定調和を壊すというのは、
「予定調和とは何か」を考えてその反対に行くことではない。
奇をてらうのではなく、
「制限を作らない」ことなんです。
何かをやろうとするとき、
これはダメ、......

努力は必要です。
言い方を変えれば、
努力は成功するための最低条件です

最初はSMAP、
次にジャニーズ、
そして同世代の中で、
自分だけの何かを確立したかった。
それがバラエティーであり、
司会でした

やさしい笑顔をくれたヤス。
激しいドラムで盛上げてくれた大倉に合間のサッカーにつきあってくれた亮。
いつも盛上げてくれたマル。
おもしろい話をしてくれたヨコ。
いつも、
いい歌声を届けてくれたすばる。......

友達とは、
“絆を感じる人のこと。
僕は色んな人に会って、
広がりを持ちたい。
色んな出会いがあるこの仕事は、
やっぱり素晴らしい

人が足を止めるのは、
絶望ではなく諦観 人が足を進めるのは、
希望ではなく意志

給食といえば、
給食当番がカレーの鍋を落としてしまったときのクラス全体から漂う絶望感、
冬に冷凍みかんをたべる、
あの疾走感が忘れられません

不安になってるのは自分だけじゃない、
みんなもそう思ってるんだと思ったら、
楽になった。

「がんばろう」 って思うよ

僕はどちらかというと無口でクールな印象を持たれることが多いのでしゃべるとすごく喜ばれるんです。
作られたイメージによって、
一瞬、
距離も作れるし、
話せば得をする。
ギャップルールですよね。......

木村くんは何事にも真っ直ぐで、
自分に厳しい自由人

自分の居場所を見つけた者が勝ち

イチローのようにストイックで、
強い意志を持っている人ならば、
大人になってからでも自分を変えられるかもしれません。
でも、
僕は常に「自分はダメなほうの90%に入っている」という意識があるんですよね。
人に何かを教えるときでも、......

奇跡って、
当事者は気づかないものなんですよ。
いつもと変わらない日常があるだけで。
ということは、
いつもと変わらない今日も、
本当は目の前で奇跡が起きているかもしれませんね

(一番幸せを感じるのはどんな瞬間?
)普通にご飯が食べられて、
眠りにつくときかな

人の不幸を楽しむ様じゃ自分は全然幸せになれないと思いますよ。
人の幸せを自分の幸せに置き換えるぐらいの気持ちでないと自分は幸せになれないと思います

僕の見ている風景は超幸せです