名言大学

#運命

人間というものは、
自分の運命は自分で作っていけるものだということをなかなか悟らないものである。

親からもらった立派な体、
というけど、
じつは親からもらっているのは運の方かもしれない。
運が脊髄のように芯としてあって、
人間の人生というのはその運命の芯の回りにまつわる蛋白質、
あるいは脂肪質、......

どんな風に自分にとっての運命の一冊に出会えるのかを考えるなら、
まずは「大好き」「これについてもっと知りたい」と思えるような、
興味の源を辿っていって、
その関心にまつわる本を探していくことかなって思っています

運命とは努力した人に偶然と言う名の架け橋を与えてくれる!

人生とは愚かな悲劇なのでしょうか?
私たちは常に罪悪感をと共に生きていく運命なのでしょうか?
神は私たちを見捨てたのでしょうか?
どうしたら過ちを犯さないで天国に行けるのでしょうか?
私はヴェニスで泊まっているホテルを出た途端、
道に迷います。......

運命を決定づけるものは、
私たちの身に起こる出来事ではなく、
その出来事に対する解釈であり、
私たちが行なう選択である

人間にはどうしても動かせない運命というものがある。
その運命の支配する限り、
どんなに努力しても仕方がない

自分の運命は自分で管理しなさい。
でなければ、
あなたはだれかに自分の運命を決められてしまう

おれはロジャー!!! この出会いは運命だ!! レイリー おれと一緒に世界をひっくり返さねェか

あなたの運命がどうなるかわからないが、
ひとつだけわかっていることがある。
本当に幸福になれる唯一の者は、
人に奉仕する道を探し求め、
ついにそれを見出した者である

運命はすでに決まっている。
その中で唯一できることは、
その運命が自分たちにとってプラスに転がるように働きかけることだ

今、
運命が私をつかむ。
やるならやってみよ運命よ!我々は自らを支配していない。
始めから決定されてあることは、
そうなる他はない。
さあ、......

自己の生死に関するような重大な運命の決定はごく軽い調子できめるのが、
薩摩人の伝統的なダンディズムというものであった

運命の神は女神である。
だから、
これを支配するためには、
なぐったり突いたりする必要がある。
冷静に事を処理する人よりも、
ど・・

これが運命だ 妊娠と葬式の間にあるものは 悩みだけ

運命は自分の気持ちひとつで、
いくらでも変えられるもの

人間はだれでも狂人だが、
人の運命というものは、
この狂人と宇宙とを結びつけようとする努力の生活でなかったら何の価値があろ・・

人間が浅はかで無力であると、
いわゆる「宿命」になる。
人間が本当に磨かれてくると「運命」になる。
すなわち、
自分で自分の「命」を創造することができるようになる

我々の運命の行く手にあるものは、
快楽でもなければ、
悲哀でもない。
ただ、
今日より明日へと進み続ける行動である

若い者は女を欲求することと恋とを一つに見ている。
女の運命を第一に気にするのが恋で、
自分の欲望を満たそうとばかりするのが・・

その瞬間瞬間の生き様を変えて行くことで、
将来の運命を変えられるということになります

一番興味があったのは、
新選組という集団が壊れていく運命にあったということ、
たった一人の少年が入ったことで集団が揺れ動くことに興味があったのかなぁと思いますね

運命なんていうものは、
後付けにすぎない。

人間の運命は人間の手中にある

「人」に負けたくないのではなくて、
あくまで、
自分に課された「運命」に屈したくないという気持ち

よく、
長く連れ添った夫婦は戦友のようなものだと言われる。
社会の荒波の中で、
経済共同体、
運命共同体としての関係をつくって・・

運命の女神は勇者を助ける。

スポーツ新聞に「たけし、
再起不能か?
」なんて書かれた、
あの原付バイクの事故からもう12年の歳月が過ぎている。
あの事故を境にして、
生きていることに、......

運命は我々の行為の半分を支配し、
他の半分を我々自身に委ねる。

運命に手を差し延べるのは、
運命の苛酷さを和らげる最も確実な手段である。

変化に向かって敢然と顔を上げ、
目の前の運命に対して自由な精神を発揮するとき、
その力は敗北を知らない。

金を持っている人間は、
貧乏人がその儚い運命を訴えることを聞くのが大嫌いである

宗介さ、
運命っていうのがあるんだよ。
つらくても運命は変えられないんだよ

運命がレモンをくれたら、
それでレモネードを作る努力をしよう

運命の神は女神である。
だから、
これを支配するためには、
なぐったり突いたりする必要がある。
冷静に事を処理する人よりも、
ど・・

人生においては何事も偶然である。
しかしまた人生においては何事も必然である。
このような人生を我々は運命と称している

運命は大胆な者を助ける。

女性の運命は愛される男のいかんにある

人の力を以(も)って過去の事実を消すことの出来ない限り、
人は到底運命の力より脱(のが)るることは出来ない。

一人の人間にはその運命と人生とを決するようなときが生涯、
一度は必ずあるものであり、
それを乗り切った瞬間、
彼の未来は全面的に変わるものだ

私は死力を尽して運命と戦います 戦うと云(い)うよりは運命を開こうと思います。

内面で向き合わなかった問題は、
いずれ運命として出会うことになる。

小さなボールと一本のバットには運命と人生がつまっている

世界の運命を暴力によって蹂躙させない唯一の方法は、
私たち一人ひとりがあらゆる暴力を肯定しないことにある

仕事で頭を使わないやつは伸びない。
ただ真面目なだけじゃ駄目なんだ。
どんなにいい腕を持ってても、
それだけじゃ駄目。
世渡り力がなきゃ仕事も人生も絶対にうまくいかないよ。
薄っぺらい世渡り上手をすすめているんじゃないよ。......

自分の運命を甘受せよ。
あらゆる面で一位に立つことはできない。

過去を思い出せない者は、
それを繰り返す運命にある

人間の運命の大きな改善は、
考え方を根本的に変えない限り、
絶対に不可能である

18歳で運命の相手に出会って結婚。
そして一生その相手を愛するだなんて、
まったくの戯言よ

すべてを運命のせいだと諦めてはいけない。
これまでの努力を無駄にしないためにも

私は力だ。
力の結晶だ。
何ものにも打ち克つ力の結晶だ。
だから、
何ものにも負けないのだ。
病気にも、......

人生に対して積極的精神を有つものは、
常に健康や運命の勝利者となる

良い運命の主人公になりたかったら、
心の中に感謝と歓喜の感情を持つことだ。
感謝と歓喜に満ちた言葉と好意は、
人生の花園に善き幸福という実を結ぶ

神様が与えた運命でもなんでもなく僕等は、
いつも、
想像もし得ない程の悲しみや苦しみに辿り着いた時。
そこに、
光りや希望を見出せた時。
やがて、......

私は死の直前まで、
運命に素直に従いたい

運命は決断の瞬間に形作られる。
つまり、
あなたの運命は、
決断の積み重ねで作られているのだ。

女性にとって満足のいくただ一つの運命は、
幸福な結婚である。

人生はいいことも悪いことも連れ立ってやってきます。
不幸が続けば不安になり、
気が弱くなるのです。
でも、
そこで運命に負けず勇気を出して、
不運や不幸に立ち向かってほしいのです

これが私の運命だ。
絶え間ない軍事作戦。
そしてこの作戦を腐敗させることへの憎悪。
けれども私は、
腐敗を伴った平和とこの運命を取替えはしないだろう

運命は作るもの ー いずれの事業においても、
会社組織でも、
個人の仕事でも、
大きくなる人、
どこまでも発展する人、
行き止まる人、......