名言大学

#数学者・物理学者

私の青色のLED=発光ダイオードと青色のレーザーの発明で、
スウェーデンのノーベル財団から物理学賞をいただき、
非常に光栄に思っています。
私の夢であったLEDによる照明が現実になったことをうれしく思う。
世界中で、
照明の省エネと低コスト化が実現することを願っています

今日の真理が、
明日否定されるかも知れない。
それだからこそ、
私どもは、
明日進むべき道を探しだす

受賞確率は「1000万分の1」であるが「努力で高められるので宝くじと違う」

従来の行きがかりに囚われすぎてはいけない

人生は(学校)卒業後に自分からどれだけ能動的に働きかけたかで決まる

宇宙創造の理論において、
もはや神の居場所はない

スティーヴン・ウィリアム・ホーキング

私の目標は単純。
宇宙を完全に理解することだ。
宇宙はなぜ今のようであるのか、
そもそもなぜ存在するのかを

自らの行動の価値を最大化するため努力すべき

21世紀のいま、
戦争を回避しようという人間の理性はどんどん希薄になっているように感じます

『できるけどやらないだけだ』と自分に言い聞かせている間は、
『できない』ということを別の表現で言っているに過ぎない

リチャード・フィリップス・ファインマン

宇宙人がやってきたら、
コロンブスのアメリカ大陸到着と同じことが起こるでしょう。
あれは、
ネイティブ・アメリカンにとって好ましいことではなかった。
知的生命体が私たちが会いたくない何かになるかもしれないことは、
私たち自身を見ればわかることです

スティーヴン・ウィリアム・ホーキング

幸福の鍵は、
健康と健忘。

四次元でものを見るなど、
誰にもできませんよ。
三次元でも難しいのですから。
わたしがやるのは、
四次元全体の一部であると頭にとどめておきながら、
まず二次元に区切ってヴィジュアライズすることです

スティーヴン・ウィリアム・ホーキング

私としては科学者としての自分の研究によって最高の表彰を受けるという名誉を担ったので、
身にあまる光栄と思っています

科学の歴史は裏から見れば失敗と停滞の歴史でもある。
しかし早い段階での失敗がなかったら、
成功も飛躍もなかったであろう

私とは、
私と私自身との間のこの間である。

現代は他人の短所はわかっても長所はなかなかわからない。
そんな風潮が支配している時代なのだから、
学問の良さ、
芸術の良さもなかなかわからない

障害のせいでできないことに目を向けるのではなく、
障害があっても上手くできることに集中してください。
身体は障害を負っていても、
気持ちまで障がい者にならないでください

スティーヴン・ウィリアム・ホーキング

1970年になって「ハイネマン賞」という賞をもらいました。
私がもらった最初の賞で、
これが一番嬉しかったですね

未知の世界を探求する人々は、
地図を持たない旅行者である

人にものを教えることはできない。
自ら気づく手助けができるだけだ

自分の場合もそうなるところだったが、
真剣に自らの命を絶つことを考えている人のためのセーフガードを設け、
知識や本人の同意なしに安楽死せざるを得ない状況に追い込まれるようなことがないようにすることが必要だ

湯川秀樹博士の名前が世界的に非常に有名になっていました。
湯川さんの「中間子論」が実証されたころです。
それが一つの刺激だったことは確かですね

賞に自分の名前がつくのも嫌だった。
それなのに、
財団の理事会は私の名前を入れるのがいいという

宇宙線研究所長という立場に立たせてもらって、
改めて組織の難しさというものも感じています

一つ目は、
足元を見るのではなく星を見上げること。
二つ目は、
絶対に仕事をあきらめないこと。
仕事は目的と意義を与えてくれる。
それが無くなると人生は空っぽだ。......

私たちの生活の90パーセントは感情によって支配されている。

僕のおやじは制服を扱う商売をやっていたから、
僕はおかげで制服を着ている人間ときていない人間の違いを、
いやというほど知らされているのだ。
つまり中身は皆同じだということだ

不思議なもので、
いつか決定的なアイディアが浮かぶと信じていれば、
本当に浮かんでくるものなのだ

「知らない」と「忘れた」とは根本的に違う

最近は子供に痛い思いをさせると言うことはあんまりしないようですね。
やるといけないことだというように考えられているらしい

シリコンバレーのあるカリフォルニアに住んでいるせいか、
周囲には常に新しいアイデアを出そうとする人ばかりです。
技術の停滞など全く感じません

純粋数学は、
考えることによって生み出されたという理由で、
特に重要な科学である。

(日本の親は)教育熱心ではなくて、
結果熱心である

何よりも家庭での教育がおかしくなっていることを痛切に感じます。
子が親を殺したり、
兄弟を殺したり、
以前は考えられなかったようなことが起きている。
責任を感じるべきなのは、
親になっている世代です

すぐに役立つという目先で利益追求したのでは見つからないのが科学なのです

応用して答を出すというところがまた大変でしょうけれども、
とにかく基本法則さえ知っておけば何にでも取り組めるという安心感があります

(安楽死を選ぶことにより)人間は動物を苦しませることはしない。
では、
なぜ人間に対しては(苦しみを)強いるのか

モノを怖がらなさ過ぎたり、
怖がり過ぎたりするのは優しいが、
正当に怖がることはなかなか難しい

科学が万能だと思っているなら、
それはあなたの間違いです

リチャード・フィリップス・ファインマン

今日はあれをやり、
明日はこれ、
というようにあまり気が散ると、
結局どれもものにならないですね

両方やらないといけない。
トップもあげる、
トータルも引き上げる

基礎研究でも最終的には危険性というのはありますよね

(自身のIQについて)わかりません。
IQを自慢するような人間は、
負け犬です

心の窓はいつでもできるだけ数をたくさんに、
そうしてできるだけ広く開けておきたいものだ

組織の論理は捨てなければならない。
組織は独創的な考え方をつぶすだけだからだ

君たち、
いくら大問題を瞬時に計算できたところで、
プログラムの設定に何日もかかっていては意味がない

答えが見つかったとしたら、
それは人類の理性による究極の勝利となるだろう。
その時、
われわれは神の心を知ることになる

人工知能の進化は人類の終焉を意味する

スティーヴン・ウィリアム・ホーキング

怒りは無謀をもって始まり、
後悔をもって終わる。

自然数の一を知るのは大体生後十八ヵ月と言ってよいと思います

私が開発した青色LEDを信号に採用していないのは、
日本ぐらいですよ。
欧米はもちろん、
中国や韓国までも採用しているのに・・・・。
青色LEDを使えば、
恒久的に信号機の交換が不必要になる。......

己のベッドを己のための寺院とせねばならず。

ちょっと半分サプライズで、
こんな名誉なことはない。
これ以上の名誉はないと思っている。
とりわけ、
松下電器の研究所、
名古屋大学、......

人間苦労すると必ず考えるようになるでしょ。
たとえば野球選手。
長嶋さんは監督には向いてない。
考えてないから(笑)。
楽してえらくなった人というのは案外考えてない。
苦労した人はいろいろ考えると思うんですよ。......

科学の発達は、
原子爆弾や水素爆弾を作る。
それで何百万人という無辜(むこ)の人間が殺されるようなことがもし将来この地上に起こったと仮定した場合、
それは政治の責任で、
科学の責任ではないという人もあろう。
しかし私は、......

50年その道を歩き続けると結果が出る

女は唯一の本務、
つまり彼女自身の魅力を持つのみで、
他のすべては物真似である。

私たちが81年に、
当時としては注目すべき成果を国際学会で発表した時も全く反応がなく、
「我一人荒野を行く」心境でした。
そのころ、
出席者の誰一人として、
窒化ガリウムに関心を持つ人がいなくなっていたのでしょう。......