名言大学

運をつかむには、自分のやりたいことをずっと継続して、
やめないことだ。
「継続は力なり」
という。
同時に「継続は運」
なのだ。
「運がよけりゃ」
と、
棚の下でぼた餅が落ちてくるのを待っていても、
そんな好都合なことは起こらない。
自分でぼた餅をつくってこそ、
類は友を呼ぶではないが、
いろんな餅が寄ってくるのだと思う。
自分自身も、
世に出なくとも、
代表作がなかなか描けなくても、
黙々と漫画を描き続けてきた。
アンパンマンはそうした長い歳月から生まれた「運」
だったのだ

やなせたかし

やなせたかし

やなせ たかし(本名:柳瀬 嵩〈読みは同じ〉、1919年〈大正8年〉2月6日 - 2013年〈平成25年〉10月13日)は、日本の漫画家・絵本作家・詩人・元大日本帝国陸軍軍人。有限会社やなせスタジオ社長。高知県出身(詳細は後述)。作曲家としてのペンネームは「ミッシェル・カマ」。

『アンパンマン』の生みの親として知られる。社団法人日本漫画家協会代表理事理事長(2000年5月 - 2012年6月)、社団法人日本漫画家協会代表理事会長(2012年6月 - 2013年10月)を歴任。

絵本作家・詩人としての活動が本格化する前までは頼まれた仕事はなんでもこなしたといい、編集者・舞台美術家・演出家・司会者・コピーライター・作詞家・シナリオライターなど様々な活動を行っていた。

人物カテゴリ

本・作品

やなせたかしの名言