名言大学

#SLAM DUNK

明日帰るんだろ?

人物というのはもうキャラクターですから、
「自分が知っている範囲」の絵にどうしてもなっちゃって、
なかなかジャンプできません

お前が見つけてきた変な男は湘北に必要な男になったぞ

いいからテーピングだ!!

バカタレがもう勝ったとでも思ってるのか!!相手は大阪の代表になるほどのチームなんだぞ!!ナメてんじゃねぇ!!これは全国大会なんだ!!絶対に油断するな!!いいか!!一瞬たりとも油断するな!!

僕は最初『ドカベン』の模写で始まっていますからね。
小学校の頃、
『ドカベン』を見て絵を描いていました

自分の内側を掘ったら結構広いというか普遍というか広いスペースがあるんじゃないか・・

気楽でいいじゃないですかこれで多分ウチが勝つとは思ってないですよ終わった時にわかるでしょうこれが正しいか正しくないか正しくなかったと思い知らせてあげましょう

これで終わりじゃねぇ決勝リーグはまだ始まったばかりだ泣くな

おうオレは三井諦めの悪い男・・

弱さを経ていない強さはない

何が日本一だ!!何が湘北を強くしてやるだ!!お前は根性なしだ・・・・三井・・ただの根性なしじゃねーか・・根性なしのくせに何が全国制覇だ・・夢を診させるようなことを言うな!!

武蔵を描くことで、
「日本人とは何か」というテーマにたどり着けたらと思っています

小次郎に限りませんが、
たいていは計画にはないことを登場人物が始め出して、
それでその人物を好きになったり、
「この子は何でこうなんだろう」というのを考えだして、
もともとなかった設定を考えたり、
脇役のはずが主人公級になっちゃう。......

バスケがしたいです・・

(ネームに入る気分は?
)山に登るという感じですよね。
一回入らないといけないんで日常から切り替えて

はじめて見たあんなにうれしそうにプレイする仙道を・・・!!

(バカボンド)の下書きの段階で、
常に裸の肉体から人間を描き始め、
画(筆)と肉体を一体化させる

下書きの時に思っていた以上に自分の思っていた以上のいい顔ができる時ってあるんですよね

今まで残ったのはあの時本気で全国制覇を信じた奴だけだぜ

プロフェッショナルとは向上し続ける人だと思っています

一番嫌なのはやっぱり「変わらなくなること」なんですよね

僕にとって『スラムダンク』のラストは『ああ、
こんなに良い終わり方はないな』というものでした

断固たる決意が必要なんだ!!

あきらめたらそこで試合終了だよ

リバウンドを制する者は試合を制す

(上手く描ける時と描けない時の違いは?
)心の在りようだと思います。
心の静かな感じの時は割りとすんなり描けます

時代も国も取っ払っても通じるようなもの・・。
人間ってことだと思いますけど。
人間を描けるかどうかじゃないですかね

『リアル』は「普通のもモノ作り」といえばいいんでしょうか。
材料が目の前にいくつかあって、
僕はそれを料理するというか、
組み立てる。
そういう工程が「リアル」なんですね

自分に対して「本当にそれは自分かよ」と問うた時に、
ちゃんと「そうです」って答えられるようでありたいですよね

スピードなら・・NO.1ガードはこの宮城リョーターーーだぴょん

この音がオレを甦らせる何度でもよ

絵を描くこと自体が楽しい、
そういう瞬間もありましたね

いい漫画を描きたかったら自分が成長するしかない

安西先生・・!!バスケがしたいです・・・・

わかってるあいつを素人とは考えない赤木級のプレイヤーのつもりであたる

連載はライブですね。
生き物ですね

やっぱり読者がいなければ漫画は成立しないんです

君は秘密兵器だからスタメンじゃないんです

お前なぁんか勘ちがいしとりゃせんか?
お前の為にチームがあるんじゃねぇチームの為にお前がいるんだ!!

昔、
すごく調子が良かった時に5時間で3話分できたことがあった

『負けたことがある』というのがいつか大きな財産になる

最初の頃とかは、
どんな反応をされるとか、
まさにわからないで描いていたりするので。
自分が思った以上に周りが反応してくれているっていうのはありました

抜いたと思っても・・シュート態勢に入ってるうちにもう前にいるんだあれは思い出したくないな・・

ゆっくりでもいい!!自分の力でやり遂げろ!!

湘北のゴール下で勝手なことはさせん

何百万本もうってきたシュートだ

オレの監督歴の中で今年のチームが1番練習した1番キツかったはずだよくがんばったそろそろ陵南が王者になっていいころだ

技術も気力も体力も持てるもの全て・・全てをこのコートにおいてこよう

カラスはよく見ると美しく力強い姿形をしていて、
時々見惚れてしまいます。

まだあわてるような時間じゃない

見たくはない・・海南の勝利も・・敗北も・・

自分が例えば『スラムダンク』を書いて、
「ああ、
井上雄彦はバスケマンガの人だな」と世の中から見られるようになったときに、
ずっとそこにいるのはもう絶対に嫌なんですよ

どんだけこの作品(バカボンド)で成長させてもらったってこととか、
すごいひしひしと感じる

そいつを倒して俺がトップになる!!

そいつを倒してオレがトップになる!!