名言大学

#SLAM DUNK

道楽か・・そーかもしれんね日一日と・・成長がはっきり見てとれるこの上もない楽しみだ

大人になれよ・・三井・・!!

小次郎に限りませんが、
たいていは計画にはないことを登場人物が始め出して、
それでその人物を好きになったり、
「この子は何でこうなんだろう」というのを考えだして、
もともとなかった設定を考えたり、
脇役のはずが主人公級になっちゃう。......

はいあがろう負けたことがあるというのがいつか大きな財産になる

君は秘密兵器だからスタメンじゃないんです

オレを倒すつもりなら・・死ぬほど練習してこい!!

技術も気力も体力も持てるもの全て・・全てをこのコートにおいてこよう

自分に対して「本当にそれは自分かよ」と問うた時に、
ちゃんと「そうです」って答えられるようでありたいですよね

生きるとは・・的なことだったりとか今の時代に受けようっていう気持ちももちろん勝負論の中でありますけど、
でももっと大事なのは何年経っても、
どの世代でも、
何か普遍的なものがあるっていうことが大事だと思っているんでね

俺が牧さんの立場でもああしたかもあいつはなんか勝負したくなる気をおこさせるんですよ・・

(上手く描ける時と描けない時の違いは?
)心の在りようだと思います。
心の静かな感じの時は割りとすんなり描けます

下書きの時に思っていた以上に自分の思っていた以上のいい顔ができる時ってあるんですよね

連載はライブですね。
生き物ですね

はじめて見たあんなにうれしそうにプレイする仙道を・・・!!

僕は最初『ドカベン』の模写で始まっていますからね。
小学校の頃、
『ドカベン』を見て絵を描いていました

ドリブルこそチビの生きる道なんだよ!

昔、
すごく調子が良かった時に5時間で3話分できたことがあった

お前の為にチームがあるんじゃねえ

オレがチームを強くして・・試合に勝って・・

おてんとうさまに身を委ねて、
何かしら良い物ができたらいいなと思っています

いいからテーピングだ!!

マンガの絵は、
どこか「分かったつもり」で描いている。
そうじゃないと描けないんです。
「こういう顔なんだ、
こいつは」というのを決めないと成立しない。
でもずっとそれをやっていると、......

この音がオレを甦らせる何度でもよ

敗因はこの私!!陵南の選手たちは最高のプレイをした!!

今日・・・・ここでお前を倒して行く

バスケがしたいです・・

僕が今「一番売れているのは『ワンピース(ONEPIECE)』だから、
『ワンピース』っぽくしよう」みたいなことをやったら、
きっととんでもないことになる

オレはチームの主役じゃなくていい

ヤマオーはオレが倒す!

オヤジの栄光時代はいつだよ・・全日本のときか?
オレは・・・・・・オレは今なんだよ!!

俺に今できることをやるよ!!やってやる!!

オレたちゃ別に仲良しじゃねぇし・・

スピードなら・・NO.1ガードはこの宮城リョーターーーだぴょん

それとベスト8を狙うわけにはいきません全国制覇が私の夢です

いい漫画を描きたかったら自分が成長するしかない

湘北のゴール下で勝手なことはさせん

屈辱は10倍にして返すぜじい!!

バスケットマンだからだ

見たくはない・・海南の勝利も・・敗北も・・

絵を描くこと自体が楽しい、
そういう瞬間もありましたね

チャンスの時こそ平常心だ

勝ちたいという思いが強い方が勝つ

スラムダンクのラストのときのような状態に自分が入っていくことを期待して、
いろいろまわりから作っていったけれど、
そうはならなかった。
結局ワクワクしてこなかったんです。
まだ「そのとき」ではなかったんでしょうね。
僕が勝手に、......

お前が見つけてきた変な男は湘北に必要な男になったぞ

あの流川がパスしたんだぞ・・

自分がコントロールしてどうこうって描いた途端にこざかしいものになるのは目に見えているじゃないですか

最初の頃とかは、
どんな反応をされるとか、
まさにわからないで描いていたりするので。
自分が思った以上に周りが反応してくれているっていうのはありました

どんだけこの作品(バカボンド)で成長させてもらったってこととか、
すごいひしひしと感じる

明日帰るんだろ?

筆のやりたいようにいくっていう感覚が強い

『負けたことがある』というのがいつか大きな財産になる

奴の肉体が・・いや・・細胞が瞬間的に反応した

泣かすなよ・・問題児のクセに・・

オレが敵のプレイヤーを尊敬するのは初めてだぜ・・!

晴子・・・・お前が見つけてきた変な男は湘北に必要な男になったぞ・・・・