名言大学

#決断

事務上の決断は、
部下の話が煮詰まってからすること

必要な条件をすべて与えられながら、
即座に決断を下すことのできない人は、
いかなる決断も下すことはできない

人生がそれほど向上していかない時はそのほとんどの場合で、
自分に決断ができていないことが多い

死して後に止むという言葉は、
意思が強く忍耐強く、
決断力があり、
断固としてその志を変えないという意味である

(結婚は)“もうひとりじゃない、
もうこれからはひとりで悩まなくてもいいんだって、
人生観が変わりました。
活動休止のきっかけになったのも彼のひと言で、
自分にとって本当に大きな決断へと導いてくれました

3ヶ月間、
それまでの人生を通して背負い過ぎたものを下ろし、
「自分はどう生きたいのか」「何が好きなのか」と、
自分の本心に向き合い続けました。
そんな自問自答の末、
最後に残ったのが「書家」という道だったのです。......

過去というものは、
人間がいかなる態度をとるべきかを教える力がない。
そのことは、
人間が自分の回想する過去の光の中で覚醒し、
自分自身で決断しなければならないことを意味する

ビジネスの世界でも、
トレードオフという概念に慣れていない人によく出くわします。
A案にもいいところがあるが、
B案も悪くない、
かといってC案も捨てるのは惜しい・・と悩んだ挙句、
決断を先送りしてしまう。......

仮に上手くいかなくても失敗や挫折とは感じません。
いまの結果を素直に受け入れ、
そこからスタートすればいいのです。
自社スタジオ建設など大きな投資は、
最悪のケースを織り込んで決断します。
投資が半分しか回収できなかったとしても、......

進化しようと、
情報を採りいれ、
いろいろな話を聞けば聞くほど迷いも増えてきますが、
最終的に決断することができれば、
それでいいと思う

決断しなければ獲物は逃げてしまう

何事もそうだが、
中途半端な決断で道を選ぶと、
途中で大変な試練があったときに気持ちが挫けやすい

リーダーは意思決定することが仕事であり、
それは重い責任を伴う決断でもあります。
有効な選択枝がないからとか、
情報収集が足りないとかいった理由で、
結論を先延ばしにしたり、
意思決定しないのは、......

リーダーの決断は、
情緒に基づいてはならない。
リーダーは人の心の機微に、
しっかり対応しなければいけません。
ですが、
その判断においては、......

(好きな言葉「挑戦」について)これに尽きます。
常にチャレンジを意識し、
決断、
行動してきたし、
これからもしていく

組織の内なる危機については、
4つの具体的な対策があります。
「ビジョンを策定すること」「明快な優先順位をつけること」「従業員に戦う価値があるビジョンだと納得してもらうこと」「ビジョンを実現するために厳しい決断を下すこと」です

これまでの人生の決断の中で後悔をしたことはないの。
いつも何か新しいことを学んできたから。

子供は、
のびのびとした楽しい子供時代を過ごし、
その間に自分で感じ、
考え、
夢を見、
決断し、......

粘り強くやろう。
この世に粘り強さに代わるものはない。
才能も粘り強さには敵わない。
世界は教育を受けた落伍者で溢れている。
粘り強さと決断こそが絶対的な力をもつのだ

グローカリズムを分解すれば、
これからのリーダーには何が必要なのか、
具体的な要素が出せます。
先を見る力『先見力』、
その元になる『情報力』、
それを分析する『判断力』、......

物事の判断基準は「損か得か」「好きか嫌いか」「正しいか間違いか」など色々ありますが、
僕は様々な決断を下すときに必ず「この生き様は美しいか?

長く苦しい理由や運気が良くならない理由の多くは決断する時に決断しないから。
決断してはいけない時に逃げるから。
決断してはいけない時に飽きてしまったから変えてしまったから。
運のいい人は、
ある法則で決断行動しているだけ。
それならばその時期に決断して、......

「習うより慣れろ」である。
一回でも難しい決断を下せば、
次はもっと簡単に決意ができるようになる。
今すぐ自分の決断の筋肉を鍛え始めてほしい。
時間を無駄にすることは止めよう

何が悔し かったのかと言うと、
親の言うことを覆せなかった自分の心の弱さなんです。
人生では、
決断しなくてはいけない分かれ道に遭遇しますよね。
片方は自分の意思を貫きとおす道。
もう片方は、......

決断は、
究極の時間管理の道具でもある。
決断を下さないことによってどれだけ多くの時間が無駄に費やされることだろう

変人というのは自分の世界を持っていて決断できる。

(引退の決断に際して)自分の中ではまだまだやりたい気持ちが強いが、
自分の気持ちだけで中途半端にしていても周りに迷惑をかけるだけだと思った

職権というのは一番下のレベルにいる人の手にあるべきだ。
店に一番近い立場にいる人間が、
本部に指示を仰がずとも決断できるようにすべきだ。
それが人々を企業とともに成長させる唯一の方法だ

自分が理解し、
自信が持てる範囲にとどまること。
そして精神的な安定性だ。
心の平静を保って自分自身で決断を下さなければならない

トップが決断するのが責任ある行為。
そしてトップはその責任をとらなければならない

決断は願望とはまったく違うものである。
その違いは、
成功と失敗、
行動と麻痺、
リーダーシップと服従との間の隔たりなのである。
決断を下す瞬間に、......

新しいネットサービスをローンチ(立ち上げ)したら、
早期撤退を決断するか、
片時も集中力を切らさず矢継ぎ早の改善を積み重ねるかの2択どちらかを選択しなければならない

重要なのは腹をくくるということである。
たとえ決断が悪いほうに転んだとしても、
自分が全ての責任を持つ心構えがあれば、
割り切りも早い

私は創業社長である。
自分で決断し、
全責任をとる

自分の選択と決断に後悔はない

決断ができない人間は、
欲望が大きすぎるか、
悟性が足りないのだ

右を行くか左を行くか決断しなくてはならないときがありますよね。
そのときに「よし、
右へ行くぞ」と決意する。
「左に行ったほうがよかったかなあ」なんて思ってはいけません。
「右に行くぞ」と思った自分の決断を信じること。
突き進むこと。......

(サーシャ・ブヤチッチ氏について)お互いに思い切った決断だった。
素晴らしい時間を共有したし、
今でも友人として連絡を取っている

行動力は成功の要素の中でも、
いちばんといってもいいほど大切なものだ。
有能で、
経験もあり、
知識豊富な人間の多くが成功できない。
それは、......

(FC東京からレアル移籍の挨拶)苦渋の決断だが誇りを持ちたい。
東京での時間は一生忘れない

「決断」なすべきをなさんと決心すべし。
決心したることは必ず実行すべし

誰だって、
腹減ったら目一杯食いたいし、
かっこいいスニーカー見つけたら貯金はたいてでも買いたいし……..なのに!目の前で助けを求めてる人がいたらヒーローになりたい時だけ、
なんでいちいちそんなに理由が必要なんですか!!

不決断こそ最大の害悪

アメリカに本拠地を移す決断だって、
自分のなかでは少しもたついたなという感覚がありました。
行くということは決めていたし、
やめようと思ったことはありません。
でも準備とか時期とかでスパッといかなくて、
このままでは短期遠征ばかり繰り返すことになっちゃうんじゃないかと思ったとき、......

自分のことはさておき、
将棋と教育という面ですと、
現在は、
東大はじめ、
一流の大学を卒業した棋士が増えてきています。
私たちの頃には考えられませんでした。......

行動力というものは、
物事を前進させていく上で大事だと思っているので、
「何かを欲しい」「やりたい」と思ったら、
まず一回やってみるようにしています。
そこで失敗したら、
何で失敗したのか分析できますが、......

考えている中身より、
費やしている時間や努力が決断する時の安定剤になる

勝利を得ることの出来る人間とは、
物事を決断する勇気を持つ人物のことである

コーチにとって大切なのは、
選手はなぜそういう決断をしたのかを考えること

俺は、
その日のことはその日で忘れる主義だ。
その日に決断のつかないことを、
思い悩んであすまで持ち越すようだと、
あすの戦争・・

自分の持っている器量とか決断力をもっと信じなきゃ、
信じて開発しなきゃ

成功者は常に効果的な決断ができる状態を維持するようにしている

苦しい時に意思決定すると、
一見正解と思える決断も、
心の奥底では逃げだったり、
自分都合だったすることがあるんですよね

優柔不断な人は、
決断を悩み始めた自分に向かってこう言うといい。
決断するとは「悩む」のではなく「決める」こと。
どのみち、
選択肢は一つだ

危機的な状況にあっても、
経営層が長期的な会社の存続に必要な決断を下すことを躊躇することが少なくありません。
それはなぜか。
厳しい決断というものは、
短期的には非常に軋轢を生む、
不都合なものだからです。......

決断とは、
目的を見失わないという決心の維持にほかならない。

苦しく難しい決断になると、
自分で決めない・・そうやって流され流され生きてきた・・その弱さがこの土壇場で出た・・この結果は言うならば必然・・これまでのオレの人生のツケ

経営者にとって必要なのは、
着手するときの決断、
それに撤収するときの決断である

願望が決断になったとき、
未来は動き始める